水牛の角を加工して、漆黒に染めたもの。
粘りがあり、印材には適しています。
欠点としては、冬など乾燥した時期には
ひび割れが生じやすいので、芯持ちが好まれます。
黒水牛の品質は約3ランクに分けられていますが
芯持ち上を使用しております。
 
飴色をした水牛の印材で、美的感覚に優れ
芯持ちが好まれます。一部色の入った
色オランダという印材もありますが、高級印材の
純白を使用しております。
色オランダは新名称牛角(色)といい、
白より1本2,000円安となりますので、ご注文の
際に、お申し付けください。
 
   

古来から愛されてきた最高の印材です。
美しいアイボリー色、持った時のなんとも
いえない感触、重みのある印材で、印鑑の
王様です。

上上・・・目も分子も細かい象牙の中心部。高級印材

・・・上上よりも多少目が粗くなる程度の高級印材

・・・上よりも少し目が粗くなりますが、並材よりは
      かなり良い印材







© Yamanashi Insyo